沿革

企画・開発、設計、工事から不動産サービスまでを提供する、
建築物のワンストップサービス企業です。

昭和37年 現相談役の染谷昭次郎が現在地に土地を求め個人企業として自己資本で染谷工務店を創業。木造建築業を主として開業。
昭和39年 鉄筋コンクリート造の建築工事を開始。店舗併用住宅の工事が増加する。
昭和40年 直営の鉄骨加工工場木造平屋建300m2を新築。石川工場長を迎え鉄骨建築を始める。
昭和41年 工場、倉庫、店舗併用住宅など鉄骨工事の建物が増加する。
昭和44年 資本金500万円で株式会社染谷工務店に組織替え、福島県いわき市にクリナップ本社工場建設を行う。
昭和45年 水海道市より、第三保育所、市立水海道西中学校体育館など公共工事を受注し、完成工事高2億6千万円となる。
昭和46年 鉄骨工事の増加により隣地に土地を求め、重量鉄骨造2階建鉄骨加工工場(611m2)を新築する。
昭和49年 現本社4階完成。完成工事高3億6千万円となる。
昭和54年 工場、倉庫、店舗など設計・施工の物件が伸びて、完成工事高9億円となる。
昭和55年

県南の拠点として取手営業所を開設。

昭和60年 ’85科学万博がつくば市で開催される。公共工事減少、本社事務所を改修し外装一新となる。
昭和61年 これからの建設業の経営を真剣に考え、九州へハイクオリティマンションの研修に行く。
平成元年 賃貸マンションの完成が多くなり、取手営業所内に不動産部を設けマンションの賃貸管理を始める。
平成4年 資本金6千万円に増資。水海道第一ホテル(104室)が竣工。完成工事高45億円となる。
創業30周年を記念してソメヤマンション300・400・500シリーズを新発売。染谷正昭が社長に就任。
平成5年 お客様の不動産管理を充実させるため、千葉県柏市に柏営業所を開設。
平成6年 賃貸マンション建設8年目にして50棟の実績を上げる。
平成7年 清水建設株式会社より技術指導を目的として奥山室長を迎える。
平成8年 県央の拠点として県庁所在地の水戸市に水戸営業所を開設。
平成12年 木造住宅のショールームも兼ねて、住宅課及び営繕課により諏訪町事務所を開設。いばらき住まい博2000及び各種イベントへの参加により外断熱広報のPRを行う。
平成15年 創業40周年を記念し、「感謝のつどい」を開催する。株式会社染谷工務店住宅部から住宅専門部門として株式会社染谷建築設計事務所設立。新商品ibisI(アイビスワン)を発売。
平成16年 つくば市春日に自社ビル「アイビスつくばガーデンコート」完成。1階につくば営業所を開設。つくば市の拠点となる。SOMEYAまNEWマンションシリーズ「i.bism(アイビスマンション)」を発売。
平成18年 千葉県流山市の南流山駅前に営業所を開設。流山市の拠点となる。
平成19年 建設工事受注統計調査の功績が認められ、茨城県内で2社国土交通省大臣表彰を受賞。
平成20年 つくば市研究学園駅前「i.bis Sakura」 (アイビスサクラ)1階につくば営業所を移転。
新しいつくばの拠点となる。
新商品i.bis Studio(アイビス ステューディオ)を開発・発売。
平成21年 新商品i.bis eco't(アイビス エコット)を開発・ 発売。
平成22年 水戸にi.bis Studioタイプの賃貸マンション完成。
常総市にi.bis eco't(アイビス エコット)モデルハウスが完成。
平成23年 守谷市にエコロジーに特化した外断熱工法+生体エネルギー応用の賃貸マンション「i.bis home」(アイビスホーム)が完成。
平成24年 7月15日に創業50周年を迎え、29日に「創業50周年記念式典」を開催。
平成25年 3月13日に専務 服部明浩が社長に就任。染谷正昭は会長となる。
平成26年 yess建築に本格的に参入。受注面積順位が、最高で全国3位となる。
平成27年 関東東北豪雨災害により、常総市及び本社が被災。たくさんの温かいご支援をいただく。
受注面積で、yess建築ビルダー優秀ビルダー賞、関東ブロック1位獲得。
平成28年 受注面積で、yess建築ビルダー優秀ビルダー賞、関東ブロック3位獲得。
Page Top